カテゴリ
全体
生活
食べ物・お店
お出かけスポット
ポジャギ
ハプニング・冒険
お買い物・物価
cooking
funny Japanese
その他
番外編
ドイツ編
アメリカーアスペン編
台湾編
以前の記事





クリック募金


●KIRIN
"水の恵みを守る活動"
●コスモ石油
"ずっと地球で暮らそう"
●e-まちタウン
"あなたのまちのクリーンアップ"



ブログランキング

にほんブログ村 海外生活ブログへ





Click for ソウル特別市, South Korea Forecast

***

Click for 東京, Japan Forecast

***

Click for 大阪市, Japan Forecast

***

Click for 長崎空港, Japan Forecast

***

Click for 網走市, Japan Forecast
カテゴリ:アメリカーアスペン編( 11 )
by mck |page top
['08.08.12] 帰国
ラスベガスのマッカラン空港、早朝5時というのにすごい人。ラスベガス→サンフランシスコ→名古屋→長崎の長旅で夫殿の故郷へ。

今回ユナイテッド航空を利用。物価高騰のあおりか、機内食のヘボさにがっかり。しかも8月1日からアルコール飲料は有料化。10時間のフライトで機内食は2回。最初のドリンクもなく、軽食もなし。これ↓は朝食。上映映画も行き帰りともヘボくてダブルがっかり。
f0111607_1113554.jpg

名古屋で乗り継ぎに4時間ほど待ち時間があったので、展望風呂風の湯でのんびりさっぱり。展望室ではデッキチェアに寝転んで日光浴。初めてセントレアを利用したが、乗り継ぎのときに利用するといいなと思う。



[PR]
by mck by mckaseoul | 2008-08-12 00:35 | アメリカーアスペン編 page top
['08.08.11] ラスベガス
最後にグランド・キャニオンからラスベガスへ287マイルの旅。アスペンから総計849マイル(約1,360km)。日本で言うと福岡ー札幌ほどの距離を移動したことに。

グランド・キャニオンの日の出のみを堪能し、後ろ髪引かれながら夫の元同僚のいるラスベガスへ。今までいた環境とのあまりの違いに戸惑いつつも、また違うアメリカの一面を見せつけられる。

自由の女神があったり、エッフェル塔があったり、ピラミッドがあったり…街全体がテーマパーク。ホテルの無料ショーもいっぱいでカジノしなくても十分楽しめる。
f0111607_23425892.jpg

f0111607_23314523.jpg

ルクソールホテル(LUXOR HOTEL)はエジプト。
f0111607_2334981.jpg

ベネチアン(THE VENETIAN RESORT CASINO)はイタリアベニスをイメージ。ホテル内に運河やサンマルコ広場まで。
f0111607_23411070.jpg

ストラトスフィア・タワー&ホテルの展望台。それほど期待せずに登ったのだが、いい意味で予想を裏切られなかなかの夜景。セキュリティはまるで空港なみ。
f0111607_0171236.jpg

展望台にはフリーフォールなど3つのアトラクションが。こんな恐ろしいもの、とても試せませんが…
f0111607_0173815.jpg

ベラッジオ(BELLAGIO)の噴水ショー。ホテル側から見るとパリスホテルのエッフェル塔を背景に。これを見るのは2回目、かつ連れ回しの刑最終種目でフラフラのまぶた10トンにも関わらず目がパッチリになるほどのゴージャスかつ優雅な噴水ショー。
f0111607_05974.jpg

ほんの半日、ごく短いラスベガス滞在。



[PR]
by mck by mckaseoul | 2008-08-11 23:20 | アメリカーアスペン編 page top
['08.08.10] グランド・キャニオン
9日午後アーチーズ国立公園を後にし、グランド・キャニオンまで328マイルの車旅。

途中も素晴らしい風景。これぞアメリカ。↓メキシカン・ハット。
f0111607_17125012.jpg

モニュメント・バレーへ続く道。
f0111607_1713574.jpg

↓あまりに視界360°の世界で、雨の降っている場所まで知覚できる。少しグレーになっているところは雨の降っている所。
f0111607_17264558.jpg

グランド・キャニオン国立公園にやっと着いたと思ったら、中に入ってからキャンプ場に着くまでがまた遠い…

空一面を暗雲が覆い尽くしていたので夕焼けを見るのは無理かと諦めていたら、日没頃にはどこかへ。夕日に染まるグランド・キャニオンを堪能。
f0111607_17353060.jpg

Mather Campgroundでキャンプ。シャワー、コインランドリーも併設している(シャワー2ドル8分)。翌日もまたまた日の出に合わせて早起き。風も強くて寒い。日の出を待つ人々もこの↓通り。
f0111607_17495960.jpg

もうすぐ太陽が顔を出す。
f0111607_1751473.jpg

日の出とともに薄暗くて見えなかったグランド・キャニオンの姿が見え始める。
f0111607_17523218.jpg

陰影が刻々と変化。
f0111607_17524331.jpg

キャンプ場を去ろうと準備していると普通に鹿が通り過ぎる。シシ神様!
f0111607_175351.jpg

本当に時間がなくてグランド・キャニオンを歩くことはできなかった。写真に収まりきらないグランドなviewは圧巻。



[PR]
by mck by mckaseoul | 2008-08-10 18:12 | アメリカーアスペン編 page top
['08.08.09] アーチーズ国立公園
アスペンからの飛行機がとれず、それならばと車で国立公園を通って移動することに。

アスペンからアーチーズ国立公園のあるMoabまで234マイルの旅。宿泊はSlickrock Campground。日本から持ち込んだテントと寝袋でキャンプ。
f0111607_0404635.jpg

ここも夕方には雷雨が多いらしく、この日も夜にパラパラと雨が。屋根があって大助かり。シャワーも無料で使え、なんとワイヤレスインターネットまで。キャンプ場でパソコン使わずとも、ではあるが、オリンピックも開催中。つい柔ちゃんの結果をチェック。

早起きして朝焼けのアーチーズへ。↓ちなみにこれは国立公園内入ってます。国立公園自体がかなりの広さ。車なくしては移動も無理。
f0111607_045885.jpg

まずバランス・ロック (Balanced Rock) 。見る方向によって形がまるで違って見える。
f0111607_0463633.jpg

f0111607_0465115.jpg

ノース・ウィンドウ(North Window)とSouth Window(サウス・ウィンドウ)。
f0111607_0521254.jpg

↓人の大きさに注目。
f0111607_0522715.jpg

公園内を車で走る。まるで遺跡の中。
f0111607_0551946.jpg

↓インディー・ジョーンズ/最後の聖戦の冒頭のシーンにも使われたダブル・アーチ(Double Arch)。
f0111607_0575957.jpg

すっかり陽も昇り。
f0111607_1135465.jpg

地層がおもしろい。
f0111607_1141250.jpg

ランドスケープ・アーチ (Landscape Arch)。とても薄くて崩れていっているらしい。
f0111607_1171632.jpg

陽が昇ると日差しを遮る物がなく、直射日光にさらされるのでかなり暑かったのだが、それよりもあまりのすごさにウキウキ。移動がメイン、国立公園はあくまでついでということで、お昼過ぎにはやむなく撤退。

それにしてもほんっとーにすごかった。



【アメリカ車旅に必要な地図を手に入れよう】
JAFに加入していればAAA(アメリカ自動車協会:American Automobile Association)に行ってJAFカードを提示するとアメリカのロードマップがもらえ、これがなかなかのすぐれもの。google mapも住所を入力すれば出発地から到着地までの詳しい行き方とmapが手に入りかなり重宝。



[PR]
by mck by mckaseoul | 2008-08-09 00:21 | アメリカーアスペン編 page top
['08.08.03] Maroon Bells
アスペンといえばマルーンベルズには行くべし、らしい。

朝一番のMaroon bells行きバス(9:05発)に乗ろうとHighlandsまで公共バスで登る。張り切って早く着きすぎ、Highlandsをちょっと散歩。
f0111607_6193850.jpg

写真で見ると実際よりなだらかに見えるが、このゲレンデ急過ぎ!!!あたしゃこんな所ゼッタイ滑れないよ〜。
f0111607_622682.jpg

まるでディズニーランド内のような建物をぐるりと歩いて、バス($6)に乗ってMaroon Bellsへ。運転手のおじさんはバスガイド兼のようで、盛り上がって手離し運転織り交ぜ説明を。"I love this job!!!"とのこと。

心配していたお天気もこのときこの通り。風もなく湖にはMaroon Bellsが写る。苦労なしにこんな風景を見れてしまっていいものだろうかと思うほど。
f0111607_626239.jpg

f0111607_6294999.jpg

澄み切った湖。
f0111607_630124.jpg

ビーバーの巣。リス、鹿、ビーバー、見ました。
f0111607_6322613.jpg

釣りを楽しむ親子。もちろんCatch&Release。気分はA River Runs Through it
f0111607_6345922.jpg

バス停から更に1時間ほどCrater trailをハイク。振り返るとさっきの湖が。谷間にある様子がはっきりと見て取れる。
f0111607_6413583.jpg

それほどのアップダウンはないが、最高2905m2965mを記録。2300mの街から上がって来たとはいえさすがに空気が薄く感じられる。
f0111607_6442327.jpg

途中小雨も降ったがすぐ止んで、Crater lakeへ到着。
f0111607_6453561.jpg

持参ランチをいただき、休憩。また来た道を戻る。再び晴れ間ものぞき始める。
f0111607_6505454.jpg

一旦バス停まで戻り、次は滝をぐるりと囲むloop trailをハイク。
f0111607_6514381.jpg


滞在時間6時間。満喫して帰路へ。言っときますが私は元来インドア派。



[PR]
by mck by mckaseoul | 2008-08-03 06:57 | アメリカーアスペン編 page top
['08.08.02] アスペン中心街
アスペンは小さな街なので、いつもは研究所で借りた自転車で移動しているのだが、今日はバスで移動。ちなみにバスは無料。

芝生の公園も。
f0111607_5521834.jpg

道も広々。
f0111607_5523710.jpg

土曜日は市場が。
f0111607_5534962.jpg

熊の国だから?
f0111607_5543274.jpg

熊が本当に普通に出るらしい。ゴミ箱は右下部分に手を入れて中にあるボタンのようなものを押さないと開かない仕組み。
f0111607_5552164.jpg

なぜにここに「見ざる聞かざる言わざる」…ここ日光だっけ?
f0111607_5561078.jpg




[PR]
by mck by mckaseoul | 2008-08-02 05:48 | アメリカーアスペン編 page top
['08.08.01] 音楽会
アスペンには音楽学校があり、夏の間毎日数カ所で音楽会が行われている。

研究所の裏手にあるミュージックテントもその1つ。テントという名の通り、↓こんな感じの建物。
f0111607_5255851.jpg

周りの芝生はリスニングゾーンで、演奏中は静かにというようなことが書かれている。
f0111607_5265642.jpg

18時からの音楽会に合わせ、我々もリスニングゾーンへ。みんな椅子、食べ物、ワイン持参でリラックス。
f0111607_5312046.jpg

曲目はBrahmsのPiano Concerto No.1 in D minor, op.15とBeethovenのSymphony No.3 in E-flat major, op.55, "Eroica"。
ミュージックテントの壁は↓この通りなので、十分演奏を楽しむことができる。
f0111607_538030.jpg

子どもも犬たちも驚くほど静か。
f0111607_53926.jpg

入場料は$65。リスニングゾーンはもちろん無料。気を張らずにクラッシックを楽しめる環境。



[PR]
by mck by mckaseoul | 2008-08-01 05:34 | アメリカーアスペン編 page top
['08.07.31] 日々の食
アスペンはリゾート地なので、物価が高いらしい。しかもアメリカ。肉、あるいはハンバーガーorサンドイッチが主流。あ〜ソウルのご飯が懐かしい…

以前書いたように、研究所の方でホテルを予約してもらっているはずが、来てみると予約されていないという事態。なんとかホテルには泊まれたものの、お願いしていたはずのstudio type(キッチン付き)ではなくただのツインルーム。約2週間の滞在中、自炊する予定だったので、次に日研究所の秘書さんにお願いして、キッチン付きの部屋に変更してもらった。

自分でホテルの人と交渉しても「もう部屋は空いていない」の一点張り。さらに秘書さんにお願いしてOK出た後にフロントでそう言っても「部屋はない」と言う。あぁこれが交渉の国ってコトかしら。

ともかく。無事キッチン付きの部屋に入ってみると、何っ?ガスコンロ(いや電磁調理器ですら)がない…キッチン付きとは言うものの、単にシンクと電子レンジに食器類がプラスされた程度。

しかしそこは電子レンジの国、アメリカ(そうなのか?)、レンジ用レトルト食品がべらぼうに売られている。(食指が動くものはあまりないけど)

ということでアスペンでの夕食第一日目はこんな感じに。
f0111607_2303374.jpg

ピザだけでもかなりの種類が売られていた。そしてこれはレンジでチンしたにも関わらず、なんとピザ生地はパリッとクリスピーな仕上がり。

しかしパン、肉、に飽きて、次の日の夕食は持ち込みのお米をベランダで飯ごう炊爨。計量カップもなく勢いで炊いてみる。
f0111607_2345958.jpg

ちょっとパサパさ気味に仕上がったお米とこれまた持ち込みのレトルト鰯に舌鼓を打つ。すでに野菜不足か、束のアスパラガスをゆで、人生こんなにアスパラのみ食べたことないよね、というほどアスパラをもりもり食べる。

こんなお米好きで私、やってけるんでしょうかね…?



【自炊の旅に持ってくと便利な物】
・お醤油(もしくは麺つゆでもOK)
・お米
・アウトドア用のお鍋(お皿代わりにも)&コンロ
・携帯用まな板
・塩こしょう
・レトルトお味噌汁
・お茶パック(紅茶、緑茶、カップスープなどお湯を入れれば楽しめるもの)
・レトルト食品(温めるだけのもの)
・だしの素(お醤油とこれがあれば、あとは現地のお酒を足したりしてなんとなく和風なご飯が作れる)
・海苔(おにぎり作るならあと混ぜるだけの素もいい)

【旅のmustグッズ】
・携帯用お箸&フォーク&ナイフ
・ジップロック(機内持ち込み用だけでなく、小物整理などにも便利。もちろん食べ物入れて持ち運び便利。)
・ナイフ(ワインオープナー付いてたら最高)
・蓋のできる水筒代わりになるコップ
・日焼け止め&サングラス(日本と違って日差しがキツい)
・マスク(機内の乾燥防止にも)
・スリッパ(ホテルにスリッパはないし、機内に持ち込みリラックス)
・リップクリーム&目薬



[PR]
by mck by mckaseoul | 2008-07-31 21:20 | アメリカーアスペン編 page top
['08.07.30] ハイキング
仕事前にハイキングはどうかと誘われ、朝ホテルの裏にある丘をハイキング。

もともと標高2300mなので、アスペン入りした時は空気が薄く感じた。少しずつ慣れてきたとはいえ、ほんの40分ほど登るだけでも結構いい運動に。
f0111607_8522296.jpg

この木が"アスペン"という名前らしい。白樺じゃないのね。
f0111607_8523792.jpg

f0111607_955359.jpg

ちなみに日本との時差はサマータイムなので-15時間。日付変更線超えてるので一日戻った感じ。
[PR]
by mck by mckaseoul | 2008-07-30 08:50 | アメリカーアスペン編 page top
['08.07.29] ピクニック
コロラド州アスペンは2300mほどの高地に位置し、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして有名な街らしい。

今回夫殿はお仕事。その研究所?は全くもってのんびりした空間でびっくり。
f0111607_8403892.jpg

研究所という言葉からなんだか厳めしい立派な建物を想像して行ったら、何棟か建つ建物は全て平屋。そしてその敷地内には小川も流れる。
f0111607_8405731.jpg

そして今日の夕方ピクニックがあるという。グリルなどはあるので、各自食べ物持参。ピクニックと言うから我々はすっかりウォーキングモード全開。しかし蓋を開けてみると…
f0111607_8435962.jpg

ただのBBQじゃないかっっ!!!
f0111607_84517100.jpg


アメリカ人のハンパないお肉の消費量にびっくり。そしてピクニックといえば、車で移動しBBQすることなんだな。



[PR]
by mck by mckaseoul | 2008-07-29 22:14 | アメリカーアスペン編 page top
| ページトップ |
トップ

'06年8月末ソウルへ移住、'08年7月末ソウル生活を終了。'08年9月末ドイツへ移住。       ::::::::::::::::::::::::::::以前にさかのぼって更新することがあります。

by mckaseoul
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
f0111607_10231681.gif
upしました




f0111607_10231681.gif
為替

1000won=102円
100円=977won
('08.03.25現在)

レート計算(won-¥)

won-¥チャート

対won為替



f0111607_10231681.gif
ソウル生活便利サイト


ソウルナビ

コネスト

ソウル市内バス路線案内
地図上の出発地・目的地をクリックするだけでバス・地下鉄の路線を教えてくれる。ただしブラウザーはIEのみ作動。

naver 地図検索
HP上の韓国語の住所をコピー&ペーストすれば地図を検索できる。

上映映画情報
韓国語。現在韓国で上映されている映画がわかる。右上の상영관をクリックすれば上映館、上映時間が表示される。

韓国気象庁
天気予報

naver 辞書
韓国語⇆日本語、韓国語⇆英語、韓国語辞典、百科事典、漢字辞典など色々。単語だけでなく、慣用句や例文も調べられる。


f0111607_10231681.gif
blogリンク

水草のりこのラフスケッチ(mizu-kusaちゃん)
青空 晴れ晴れ(mimi-pomさん)
うりちべおみょん(テラさん)
まい ふぇいばりっと(iyonmさん)
北緯44度の雑記帳(エゾノコリンゴさん)
マダン(minazuki-hanaさん)
ポジャギ布屋ロダンのアトリエ(ちるちるさん)
韓国人の彼と結婚しました♪(りおさん)
布とお茶を巡る旅



f0111607_10233237.gif




検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧